サイトからのおしらせ(クリックで一覧)

CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアで1500回転オーバーの鬼ハマリ

この記事は約1分で読めます。
※本記事・アイキャッチ使用の画像につき (C)Project シンフォギア (C)Project シンフォギアG

「この後ッ!?まさかの展開がッ!」。
大当たりになる遊戯説明アイキャッチです。

しかし、今回の「この後ッ!?まさかの展開がッ!」は、ちょっと違います。
気分的に、これだけブレブレになってしまうくらい衝撃の展開が待っていました。
私の捨てた台に。

遊び打ちしたくて某店へ。
残念ながら目当ての機種は空いてなかったので、仕方ないのでシンフォギア(199ver)に座って空くのを待ちます。
トータルで400回転(私自身は200回転くらい)過ぎたくらいで目当ての台が空いたので移動しました。

数時間後、遊戯を終えてシンフォギアの前を通り掛かると……。

質問者の写真

1576回転!
 

まさかこんな衝撃の展開が待ち構えていたとは。
それも最終決戦突破できずだなんて。
ああ、一瞬先は闇。
続けるつもりもありませんでしたけど、本当に止めてよかったです。

しかしシンフォギアで1000回転超えのハマリすら殆ど見た記憶がない。
ざっと検索してみても鬼ハマリ最高記録っぽいので記事にしてみました。

この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。