サイトからのおしらせ(クリックで一覧)

KUSANAGI for ConoHaの1GプランのMySQLの設定を変更して高速化する

この記事は約3分で読めます。
KUSANAGIのイメージキャラクター草薙沙耶 ©PRIME STRATEGY

本記事は「KUSANAGI for ConoHaの1Gプラン」限定の話です。
とはいえ、恐らく私みたいなライトユーザーが一番契約しているプランですので、多くの方の参考になるのではないかと。
タイトル通り、MySQLの設定を変更して高速化を図ります。

きっかけは、サイト分離したとき、やけに書き込みも表示も遅かったこと。
こちらのWordPressサイトは高速化を図るために、メインサイト以上の対策を施しています。
それなのに瞬時に表示されない。

元々、この2年くらい、ブログから遠ざかってたんですよね。
メインサイトも重くなっていたような気はしていたのですが、ようやく気のせいでないと理解。
調べてみました。

すると、以下の記事を発見。

 

kusanagiの記事で見覚えのある顔の方が。

自分のConoHaの環境でも激遅になっていたので、調べてみました。
どうやら、ConoHaの1GBメモリのマシンではKUSANAGI標準設定だとswapが頻発していました。
以前はそんなことなかったのですが。

手っ取り早く使用メモリ量を減らすために、以下のようにMySQLの設定(/etc/my.cnf.d/server.cnf)を変更し、MySQLを再起動して下さい。

(変更前)
query_cache_size = 128M
innodb_buffer_pool_size = 384M
(変更後)
query_cache_size = 64M
innodb_buffer_pool_size = 128M
また、4GBメモリのマシンでも変わらないということは、別要因の可能性があります。
以下の情報があると特定がし易いです。

kusanagi status の内容
plugin のリスト(できれば)

HHVMを使用している場合、プラグインによっては遅くなります。
その場合は該当プラグインを停止するか、PHP7を使用することを検討して下さい。

これは試すべきだと思い、やってみることに。

結果、表示については体感が一気にアップしました。
本来こういうのは速度も計測するべきですが、KUSANAGIは元々体感でわかるレベルで遅い方がおかしいので。
原因の一つであったことは間違いないようです。
書かれている通り、以前は必要なかった作業なんですけどね……。

ただまだ、戻りきってはいないような。
特に記事更新の異様な遅さによる500エラーは解決できていません。
恐らくプラグインが足を引っ張っているかLuxeritasを更新してのチューニングを完全に施していないせいだろうと思います。
そこまでやるには根本的な対策が必要となってくるので、後日に回します。

補足として。
KUSANAGIにはconfigureコマンドがあります。
これを実行してしまうと、設定した使用メモリ量が元に戻ってしまいます。
この点は御注意ください。

この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。