サイトからのおしらせ(クリックで一覧)

【異世界(恋愛)】姫君と下僕

この記事は約1分で読めます。

osusumeeye

 

  著者

tsura

コメント

最初はちょっと「えー?」と思ってしまうかもしれませんが、
読み進めていくと勘違い&すれ違い具合が妙に心地よくなってきます。

ちゃんと両思いなのに、それに気が付かないヘタレな主人公。
どうにも言動はビッチで黒く見えるのに、中身は何故かとってもかわいい奥さん。

クスリと笑ってしまう、そんな小説だと思います。

 

「小説家になろう」の作品ページへ

この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。