サイトからのおしらせ(クリックで一覧)

ConoHaに入会するなら「このとも」経由で特典クーポンをもらうのがオトク!

この記事は約8分で読めます。

ConoHaには「このとも」という会員勧誘システムがあります。
新規会員がこのとも経由で入会した場合、入った人と誘った人の両方に特典クーポンが与えられます。
いわゆるWINWINのシステムです。

特にVPS(KUSANAGI)で入会する場合は、このとも経由じゃないとバカらしいとすら言えるほどです。
(当然ながら、公式で開催しているキャンペーン特典も合わせてもらえます)
また勧誘者の側にしても、場合によってはアフィリエイトを設置するよりも美味しいです。

こういうのを記事にするのはどうかなという気もするのですが……。
顧客誘引になるわけですし、ConoHaやプライムストラテジー社にメリットあるからいいかなと書いてみました。

【※2020/2/4 別記事と統合し大幅改訂しました】

ConoHaについて簡単に

既に会員の方にとっては説明するまでもないので飛ばしてください。
入会希望者向けに、簡単に記します。

恐らくConoHaに興味が湧いたのは、以下の評判を聞いてでしょう。

今やライトユーザーにとっては真っ先に上がる選択肢だと思います。

私はConoHaでKUSANAGIを利用して3年になりますが、

質問者の写真

大満足!
 

少なくともWordPressでサイトを運営する限りは、余程の理由がない限り、引越するつもりありません。
WINGにするかKUSANAGIにするかは迷うかもしれませんが、ConoHaを選んで後悔することはないと思います。

引っ越した当時の感想はこちら。

WINGかKUSANAGIかについては、

解答者の写真
WordPressが初めて、あるいは面倒なのが嫌ならWING
他でやっていての引越で、多少の労は厭わないならKUSANAGI
がいいと思います
 

入会希望者の「このとも」

このともとは?

公式ページはこちら。

お約束として、説明を公式ページより引用します。

このともは、ConoHaのお客様ならいつでも簡単に始めることができます。お客様専用の紹介用URLを、紹介したいお友達に知らせてください。お友達が紹介用URLからConoHaを使い始めると、紹介者様(あなた)と紹介したお友達それぞれにConoHaのクーポンをプレゼントします。※2015年5月18日以降にアカウント登録されたお客様が対象です。

引用元:ConoHa「このとも ~友達紹介~」

このともを図解する

ConoHaの「このとも」ページの画像が非常にわかりやすいのでお借りします。
これを元に、下で説明を加えます。

引用元:ConoHa「このとも ~友達紹介~」

クーポンをもらうための期間条件と金額

クーポンをもらうための条件と金額は、次の通りです。

  • 入会者は、ConoHaを使い始めた時点で(図の②)1000円分(図の③)。
  • 勧誘者は、入会者がConoHaを2000円分使って時点で(図の④)2000円分(図の⑤)。

入会者にとってのポイントは2つです。

  1. すぐに特典がもらえる。
  2. 公式で開催しているキャンペーンの特典もあわせてもらえる。

言い換えますと「完全にもらい得」。

そしてConoHaは時間単位の課金ですので、このクーポンを用いてのお試し利用も可能。
使ってみて合わないと思えば(お金を無駄にせず)「気楽に退会が可能」です。

勧誘者が特典をもらうには入会者の利用を待たないといけないのですが……。

解答者の写真
当サイトから「このとも」経由で入会してくれた方の殆どが条件を成就しています!
 

データは割愛させていただきますが、私も驚いています。
それだけConoHaに対する満足度が高いということなのでしょう。

実際に私も、

質問者の写真

KUSANAGI興味あるし、わからなければ止めればいいし、とりあえず試してみよう
 

から入会して、3年間が過ぎた一人です。

ConoHaが流行る以前は長期継続割引による囲い込みが主流でした。
入会・継続の敷居を下げることでユーザーを増やしたConoHaの戦略は成功だったと思います。
もちろん、このはちゃんが更に敷居を下げる役割を果たしたのは言うまでもありません。

このともを適用させるには?

基本的には入会希望者が紹介用URLを踏めばOK。
提供する手段はメール・SNS・サイトにリンクを設置のどれでも可です。

私の場合は、画像に紹介用URLをつけて提供しています。
例えば下の画像を踏んで入会すれば、このともが提供されます。

(C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止

ConoHaでは毎月新しい壁紙がアップされています。

今月はツンデレこのはからのバレンタインチョコみたいですね。
他にも色々ありますので漁ってみてください。

このともを使わない方がいい場合もある

実は、このともを経由すべきかどうかは、契約形態によります。
というのは、

解答者の写真
プランによっては、アフィリエイトのセルフバック報酬の方が高いことがあるからです
 

セルフバックがわからない方へ。
簡単に言いますと、自分でアフィリエイト契約をして、自分で購入し、自分が報酬をもらうことです。
ConoHaはセルフバックも用意しています。
(つまり、他人のアフィリエイト経由で入会するのは愚の骨頂です)

詳しくは差し控えたいのですが、

  • ConoHa WINGを契約するならセルフバックの方が断然美味しいです。
    詳しくはA8netでプログラムを探してください。
    ただし、即座に特典がもらえるという点では「このとも」の方が優ります。
  • VPS(KUSANAGI)の契約ですとケースバイケース。
    ライトユーザーなら「このとも」の方が基本美味しいと思います。

勧誘者にとってのこのとも

具体的に、どれだけの成果があったか

ついで勧誘者のメリットです。
入会するためにサイトを訪問してくださった方も、後々のために読んでいただけると。

ぶっちゃけると勧誘側には他にアフィリエイトという手段があります。
現金報酬の方がいいという人は多いでしょう。

しかし、

解答者の写真
自分がConoHaを使っている場合、このともによって大幅にサーバー代が節約できます
 

さらにぶっちゃけ話になりますが……

解答者の写真
私が3年間でConoHaに使ったサーバー代は911円です
 

別途、このはアイテム買ったことはありますが、それは置いときまして。

本サイトのWordPress系記事は月約6000PV。
決して多いとは言えません。
それでもサーバー代が浮き続けるだけの成果が3年間続きました。

むしろ余って、相当額のクーポンが無駄になりました。
私は1Gプランでしたが、2Gプランでも恐らく同じ結果になったと思います。
(変更しなかったのは2Gを試して効果が実感できなかったから。恐らく零細サイトのため)

他のサーバーでWordPressサイト運営する場合と比較するなら大きな金銭的メリットになろうかと思います。

もちろん、これは当サイト経由で契約してくださった方達のおかげ。
心より感謝しています。

アフィリエイトとの比較

ConoHa WINGをアフィリエイト契約してもらえるなら、それが一番ラッキーでしょう。
このともとはもらえる報酬も段違いですし。

ただアフィリエイトは、通常にせよ、セルフバックにせよ、どちらか一方しか得をしません。
少なくともVPS契約であれば「このとも」経由の方が双方にとって得。
その分だけ誘引力は大きいですし、使わない手はないと思います。

また、アフィリエイトの場合はスクリプトを設置しますから、その分だけサイト速度が落ちます。
トップページ含めて常に表示されるサイドバーには「このとも」、記事ではアフィリエイト。
こうした使い分けもアリじゃないでしょうか。

このともを自サイトに画像で設置する方法

もし「このとも」設置してみようと思われましたら、こちらを参考にしてください。

1 公式サイトで好きな壁紙を選ぶ

サイトへのリンクを再掲します。
サイドバー用ならスマートフォン用の縦長のものを、記事用ならPC用の横長のものを選びます。

2 画像をメディアライブラリにアップする

記事用の場合は、そのままアップして大丈夫です。
何らかの画像最適化プラグインが入っているはずなので、様々な大きさに自動で加工してくれます。

サイドバー用の場合は、予め実際に使う大きさ(横幅250~300くらい)にリサイズします。

3 紹介用URLを入手する

ConoHaにログインして、右上のアカウントから「友達紹介」をクリック。
画面が出たら右端の「+紹介」を押すと、紹介用のURLが出てきます。

4 画像を設置し、リンクを貼る

HTMLに次の記述をします。
サイズはサイドバー用の例です。
必要に応じて変更してください。
ただし3行目は消さないでください。

See the Pen このとも(ConoHa勧誘)用テンプレート by 天満川鈴 (@kimoota) on CodePen.

まとめ

解答者の写真

最後にもう一度、このともの画像。
よかったらクリックして、お試しで入ってみて!
KUSANAGIの1Gプランなら1か月は無料になるよ~!

(C)GMO Internet, Inc. 再使用禁止
解答者の写真
もしConoHaに入会してくれましたなら、こちらの管理画面カスタマイズを是非試してみて下さい
こうした愉しみ方ができるのもConoHaならです
 
この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。