サイトからのおしらせ(クリックで一覧)

霞ヶ関「談話室」~法務省&公安調査庁&検察庁を官庁訪問する方におすすめのオムライス【就活グルメ】

この記事は約2分で読めます。

本記事では展望レストラン「談話室」を紹介します。
かつて同庁舎に勤めていた私が自信を持って推薦する超コスパ抜群のオトクなお店。
特に法務省・公安調査庁・検察庁志望者の方、官庁訪問のついでにいかがでしょうか?

談話室の場所

「談話室」は法務合同庁舎(地検・公取側の方)の20階にあります。

窓から見る眺めは絶景、皇居が一望できます。
こちらのブログに写真が掲載されていますので是非。

平成27年度 中央要望に伴い法務省の視察報告 – 信州生坂村「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

現在、法務省関係の庁舎の入口はクリスタルガードが張られていますが、レストランに行きたいと伝えて身分証を見せれば入れるそうです。

いったいいつからなのか……免許証をチラ見させるだけで入れた昔が甘すぎたんですけどね^^;

看板のオムライスは安くて美味しい!

談話室の看板はオムライス。
1日20食限定だそうですが、もっと作ってると思います。

というのも、昔オムライスは水曜日限定のランチメニューでした。
もうみんながみんなオムライスを注文。
でもお昼すぎくらいなら普通に頼めていました。

絶対に60食くらいは作ってるよね~

と言い合っていたものです。
ただ何食かはともかく、あまり遅い時間だと売り切れてしまってます。

味の方は当然、美味。
作ったはしから売れてしまう状況でおわかりになるかと。
他省庁の友人も何人か連れてきていますが、みんな満足していました。

それでいて驚くべきは値段。
なんと、

質問者の写真

500円!
 

ワンコインで絶景の眺めを楽しみながら美味しい食事が味わえる。
ハイパーコストパフォーマンスのよいお店です。

談話室と想い出

私が初めて行ったのは入って間もなくの頃。
人事課で「20階のオムライス美味しいから行ってごらん」と教えられ、キャリアの同期と行きました。
もちろんオムライスは美味しかったのですが、もうとにかく眺めに感動。
皇居の緑がものすごく眩しくて。
「これから社会人頑張るぞ!」と、やる気が湧いてきました。

官庁訪問は体力と気力勝負。
何より将来への夢をどれだけ持てるかが大事。
国家を背負う、国民に尽くす。
その決意を固く抱かせてくれる眺望とオムライスを味わいに、是非行ってみて下さい。

この記事を書いた人:天満川 鈴

広島市内のパチンコホール勤務。
3号機時代からのパチンカス。

ADHD、精神障害者手帳3級所持。

慶應義塾大学商学部→国家一種経済職→公安調査庁。
在職時は国際テロ、北朝鮮を担当。

「小説家になろう」の底辺作者。
朝鮮総聯へのスパイ工作を描いた小説「キノコ煮込みに秘密のスパイスを」はアマチュア小説ながら週刊誌報道され、話題となった。